ぴーなっつの投資日記

新卒社会人です。自由な生活を夢見て、投資をしていきます。そして一流の男を目指します。3日に一回更新、月10本!!

本田清六「即努力、即幸福」

こんにちは。

前回、記事にさせていただいた本田清六についての二番目の記事です。

本田清六の人生 - ぴーなっつの投資日記

今回は、本田清六のさんの座右の銘だったこの言葉です。




即努力、即幸福















そもそも幸福とはなんでしょうか?





本田清六さんが言っていたのは、





前進し続けること。






前進していること、進歩していること、成長していることを感じることこそが幸せ。
一度成功しても、下り坂の人生は幸せではない。
たがら、努力すれば、即ち幸せになれる。


たしかに僕もそう思うと、納得しました。今まで楽しいなとかワクワクするなってことは、何かめがけて突き進んでる時だったかなと。

投資の勉強を続けて来たのも楽しかったですし、今も楽しいです。

何か目標めがけて熱中している時が楽しい。



そう考えていくと、努力すればすぐに幸せな気持ちになれるということ。



だから、これからも色んなことにチャレンジしていきたいと思います。そして、努力を積みます。










わたしには妙に納得感があったので記事にしてみました。

先回り勉強

こんばんは。

今回は、総理大臣だった桂太郎の話です。総理大臣の在籍日数は歴代一位で、2886日だそうで、小泉首相の1980日(5位)を大きく上回っています。



そんな桂太郎は、常に「勉強の先回り」をやってきたそうです。



桂太郎曰く、

大尉に任ぜられたときは、少佐に昇進する年限を3年と考え、その初めの1年半に大尉としての仕事を十分に勉強し尽くした。そうした後の1年半に、少佐に昇格した時に必要な事柄について一生懸命勉強した。だから、予定の年限が来て少佐になると、大尉時代に早くも準備を積んでおいたために、少佐の任務はやすやすと務まって、他のものに比べて綽々たる余裕を残した。そこでただちに次の中佐時代に必要な勉強を始めたのであるが、中佐になれば大佐の、大佐になれば少将のと、次々に1段ずつ上のことがしっかり身に付いたのだから金もすこぶる楽であったし、成績も意外に上がった。したがって、誰よりも最右翼で昇進することができたのである。


この話を聞いて、自分は何を先回りして勉強しておいたほうがいいのか、と考えさせられます。


自分はECの会社で働いていて、現在配送関係の部署にいるのですが、

・ECの、販売企画を作れと言われたらどうするか?
・店舗を作るなら、どんな店舗を作るか?
・データ分析チームに行けと言われたら、どんな分析をするか?
・イベントの企画担当になったら、どんな企画にするか?
・数人マネージャーになったら、どうマネジメントするか?

などなど、会社内でも先回りして勉強することが大切かと思いました。今は、データ分析のため、統計とpythonの勉強に標準を定め、勉強を開始しています。




投資では、どんな先回りがあるでしょうか?


・5年後、10年後に輝いている銘柄は何か?
・不動産投資をするなら、どんなスキルが必要か?
・スタートアップに投資するならどれか?


まだ、日本、米国株式投資しかやっていないですが、不動産投資もやりたいと考えています。資金が貯まるまえに、先回りして勉強しておくべきと感じております。


以上を踏まえ、自分が勉強すべき分野はどれかということを戦略的に判断した上で、自分がする勉強を選んで行くべきだと考えています。

本田清六の人生

こんにちは。


みなさんは、本田清六(ほんだせいろく)という人物をご存知でしょうか?

大学教授でありながら、給与の4分の1を貯金し、それを元手として投資を行い、40代で現代の100億円相当の資産を作り上げた方です。



投資家の端くれとして、伝説ともなっている彼の人生について、より詳しくなろうと彼の本を読んでみました。

「私の財産の告白」という本です。

今回は、彼の人生をかけて示してくれた、「作った財産の処分について」書きます。




まず、簡単に本田清六の人生について書いておきます。


25歳で大学教授となり、働いていました。そこそこの給料を得ていたのですが、養う家族が多く、なかなかお金はたまらなかったそうです。

かなり貧乏で、ギリギリの暮らしをしていたのですが、ある時

「このままじゃ一生貧乏なままだ」

と思い立ち、収入の4分の一を貯金し、投資に回すことにしたのです。もちろん、最初は困窮したいたのにその4分の3の金額で生活しなければならず、大変苦しかったそうです。しかし、徐々に投資に回した先からの配当金が支払われたり、投資から利益が出たりで、生活は良くなっていきました。

投資は成功し、資産はみるみる増え、40代になる頃には、億万長者級になっていたのです。現在の価値だと100億円程だったそうです。言い方は良くないかもしれませんが、ただの大学教授が給料を元手とした投資だけで、この額まで資産を増やしたのです!












ですが、60歳になった頃、ほぼ全てを寄付してしまいました。

その後は妻と2人で僅かな資産だけで、質素に暮らしたそうです。






大金持ちになると、その処分の仕方について思い悩むようです。本田清六は、「60歳で全て寄付」という決断をしたようです。





信じられません。私は今お金持ちになることを夢見て、投資しています。しかし、本田清六はそれを全て寄付してしまっています。

まだ、死ぬ瞬間ならわかりますが、まだまだ人生長い60代で手放し、元の貧乏生活に戻る決断をしたのはすごいです。

まだ、ひよっこ投資家の私には、見えない世界があるのでしょう。ぜひ、その次元まで行って見たいと思う次第です。

今は、資産を作ることしか考えていませんでしたが、できた資産をどう用いるのかも同時に考え続けなくてはいけないテーマなのでしょう。



自分がどういう世界にしたいのか?



それをもっと自分に問いかけ続けていこうと思います。



今回は以上です。
もう少し、本田清六については書こうと思います。



私の財産告白

与えなさい。そうすれば与えられます。

こんにちは。

以前から、私は投資仲間を探しております。
それは、自分1人ではどこか気が緩んでしまうかもしれないのもあり、一緒に勉強してもらえる人を探すためです。

投資仲間を作りたい! - ぴーなっつの投資日記

まだまだ投資家としてのスキルがないし、師匠もいない中で、なんとか自分の投資家ネットワークを作ってきたいと考えています。社会人になり、大学の頃と比べると投資に興味を持つ人が周りで増えていると感じています。

会社の中でも、株をやっていることを言っています。

そしたら、ある先輩にランチをお誘いしたところ、

「ぴーなっつくん、株式投資教えてくれない?」

となんともありがたいお話を頂きました!!
経営企画の部署の方で、数字には強く、とても頼もしい投資仲間になることを期待しております。

定期的にランチにでも行かせてもらって、僕がサポートしつつ勉強してもらい、ともに銘柄分析できるようになってもらいたいと考えています。

ゆくゆくは株式投資を教えるセミナーなんかをできたら、幸せです。たぶん笑

今はそんな実力なんてないので、周りの人に教えたり、ブログ書いたりして少しずつ勉強していこうと考えています。





最近は、同期内でも投資に興味を持つ人が出できていて、大変楽しいです。

この記事のタイトルですが、聖書の言葉です。

「与えなさい。そうすれば与えられます」

まず自分が欲しいものがあるならば、それを他人に与えなさい。そうすると必ず自分自身も与えられます。

という意味で、とても深さを感じます。僕はキリスト教徒ではないですが、聖書を何度か読んでいます。大変強い言葉が並んでいますが、この言葉も最たるものです。

寄付するのもある意味同じですね。お金がほしいのなら、まずは自分から与えることが大切。

寄付する - ぴーなっつの投資日記

この言葉を信じていて、私は周りの人に持っているものを教えて、お金持ちになってもらいたいと考えております。


引き続きよろしくお願いします!

【運用成績1027】

こんにちは。

運用成績を記録しておきます。

10月は、日経平均株価が16連騰したりなど相場が非常に強気でした。私のポートフォリオも結果的には非常に好調でした。



年初来損益
88.3万

投資開始以来損益
64.6万

先月比
+16万


特に牽引してくれたのがヨシックスでした。私の投資経験の中で初めて2倍株となってくれました。既存、売り上げが100%を超え、新規出店も順調にしているため株価が好調になっています。PERは20倍台中盤ほどと割高になっていますが、今は株価に勢いがあるのでホールドしています。というか、基本的に長期で持ち続ける所存です。

【保有銘柄】ヨシックス① - ぴーなっつの投資日記



また、1番昔から投資をしているティアも順調に株価を伸ばしています。

【保有銘柄】ティア① - ぴーなっつの投資日記

最近購入した、メールのクラウドマーケティングプラットフォームを提供するエイジアも短期間の間に大きく上昇してくれました。この会社は売上17億程度の小型株です。ストック型のビジネスモデルで、IR説明資料などにある戦略もわかりやすく、ポートフォリオの5番目程度の位置にランクインさせました。僕は小型株が大好きです。

よくやるのですが、銘柄へ投資をするときに、十分な額をかけられないという失敗をします。とりあえず一単元買ってみて、みるみる株が上がってしまい後悔するということがよくあります。ですので、優待や配当目当てではなく、成長株へ投資する際はある程度の額を最初からかけるということを意識しています。損切りのルールさえ守ればそこまで怖くはありません。

よくある失敗は、
・いい銘柄を発見できない
・発見できても投資できない
・投資できても、十分な額が投資できない
・十分な額を投資しても、最適なタイミングで売れない
などがあると思います。投資って難しいですね。





相場が全体的に上げているため、この好調は自分の実力によるものだとは思いませんが、非常に満足できる結果となっています。

アメリカの景気が後退局面に入るリスクや、阿部のミックスが不調になる局面などが足元まで迫っていそうですが、来たる嵐に備え好調だからこそ今ポートフォリオ見直す局面に来ているのかもしれません。自分のポートフォリオの銘柄に対して、再度投資に値するものなのかを吟味していく必要を感じております。


今年の目標は、100万の投資収益です。あと10万ちょっと射程圏内に入ってきました。嬉しいです。目標は立てて見るものだなと思いました。


これからも頑張ります!

サウスウエスト航空

こんばんは。


最近、私はビジネスモデル全史という本を読んでいます。この本、今までの全ビジネスモデルが整理されていて、大変わかりやすいです。超絶お勧めです。

追って、この本の内容についてもどんどん記事を書いていきたいんですが、取り急ぎ今回はサウスウエスト航空について書かせていただきます。

そもそもこの会社は、ストーリーとしての競争戦略、ビジョナリーカンパニー1と4、ブルーオーシャン戦略等の有名ビジネス本で解説されています。

ビジネスモデル全史にも後半で登場しましたので、この場を使って、成功の要因は何なのか整理させていただければと思います。

サウスウエスト航空の成功の要因は何だったのでしょうか?



既存の大手プレーヤーは巨大空港を核とした「ハブアンドスポーク方式」のネットワークを使って利便性と安さを提供していました。しかし大空港の利用と、そこでの乗り継ぎの時間が必要でしたし、路線規模に応じた多様な機種が必要でした。

サウスウエスト航空は、その隙間をつき「ポイント・トゥ・ポイント方式」という直行便ネットワークを広げました。ハブ空港を避ける時点間の直行便です。「空飛ぶバス」というコンセプトで作られています。

この方式では、出発地と目的地を直線で結ぶ便だけを準備しています。途中参戦だからこそ、このようなポジショニングができています。


独自の強みとしては以下のようなものがあるかと思います。


徹底的にコスト削減しています。
機材を統一することで整備費用や、教育費用を減らしています。また、座席指定をなしとして搭乗時間を短縮しています。一般的な機内サービスはなしです。

飛行機のターン時間が非常に短く、当初10分でした。従業員はマルチタスクを行っているし、乗り継ぎ客は乗せないので、荷物の移動にあまり時間がかかりません。



これらは、無駄なものは徹底的に削除し、「移動」という形のみを提供することで、安価にできています。



また組織的文化も強いと言われています。
この会社は、ユニークな人材を取ろうとし、自由な発想ができる人材を求めています。ですので一般的な堅苦しい航空会社とは1線をきしています。

必要なら何でもやる何が必要かは自分たちで考えると言う素人集団だったからこそ、10分ターンを実現することができました。


また、顧客第一主義ではなく、従業員第一主義の会社です。一見するとなじみのない考え方ですが、彼らは創業時、すべての顧客に愛されるのではなく、1部の顧客に愛されれば良いので、まずは従業員を大切にし、一定的にサービスを作ることを第一優先としたのでした。この考え方は非常に勉強になるかと思います。





つらつらと書かせていただいています。この事例から私は、大手企業がひしめく乱戦状態でも、戦い方によっては底に食い込んでいけるし、逆に弱小から始めることが強みになり得るという考え方ができるようになりました。


引き続き様々な事例を勉強し、発信していきたいと思います。

米国株はじめるよ

始めようと思ってから、1ヶ月くらい経ってしまいましたが、



ついに



アメリカ株を買いました🙋‍♂️




色々調べた結果、マネックスが1番いいということでした。

マネックスはもう口座作っていたので、

マネックス トレードステーションアプリをダウンロードし、
お金を入金し、
外国株口座に振り替え、
ドルに両替し、
トレードステーションに反映されるのを待ち、
注文を出し、
22:30からの市場公開で、

やっと買えました🙋‍♂️


とまあ、お金を入金してからは2日ですぐ買えたので、やろうと思ってから入金するまでにかなり時間がかかってしまいました。

思い立ったら即実行

していかないといけないですね💦






そもそも日本よりアメリカの方が、圧倒的に優れている会社は多いと思います。

それに、債務の泥沼にはまり込んでいる日本に全ての資産を置いておくのは、健全ではないと思います。

そんな状況なので、ほぼ全資産を日本株に投資するのはある意味リスクが高いため、まずはアメリカドルに資金を移し、アメリカ株へ投資しようと思ったのです。



アメリカの企業って、グーグル、アマゾン、フェイスブック、ネットフリックスを筆頭にとんでもない企業が多いですよね。

初心者にはこれらの企業が欲しいと思ってしまうのですが、今後日本株同様に調べていこうと思っています。

最初はとりあえず、フェイスブック一株買いました🙋‍♂️
(理由はアマゾンやグーグルは1000ドル台で高いけど、フェイスブックはお手頃174ドルだったからです。perは約34倍と高いですが、まあプラットフォーマーですし。。)


日本株を初めて買った時も、自分の世界が開けたように感じましたが、今回もアメリカ市場に投資してみると、自分の影響力が日本を出て世界に広がった、と感じました笑

実際に投資をしてみることで、情報を追い求めるようになるので、今後はアメリカに目を向けて行きたいと考えております。またそれが買った狙いでもあります。

まだ、ヒヨヒヨの資金で始めてますが、ゆくゆくは日本株と同等くらいまで投資し、ポートフォリオを組んで見たいと思っています。

今後はアメリカ株についても記事書きますね(たぶん)

おわり