ぴーなっつの投資日記

新卒社会人です。自由な生活を夢見て、投資をしていきます。そして一流の男を目指します。3日に一回更新、月10本!!

ポーカーにガチではまって、アジア大会に出てきた話

こんにちは。

 

久しぶりの投稿になりました。

何か書きたくなったので、ここ1年ではまった、

ポーカーについて書こうと思います。

 

ポーカーって何?

 

 

「ワンペア」

「ストレート」

「ロイヤルストレートフラッシュ」

 

とか、役ぐらいはみなさん聞いたことがあると思います。

 

ここでいうポーカーは5枚引いて、一部引き直して役をきそうドローポーカーではなく、テキサスホールデムというポーカーです。

 

カードは2枚それぞれ配られます。そして、真ん中にみんなが使える5枚のコミュニティカードがめくられ、7枚中5枚の役で勝負をします。

 

www.japanesecasino.com

 これ、わかりやすかったので興味ある方は見てみてください!

 

ポーカーは運と実力のゲームです。

麻雀をやる方は感覚近いと思います。

 

一回一回は運だけれど、何百回も繰り返すんで実力が現れます。

 

相手のハンドを読むスキル

ブラフ(弱くても強いふりをして相手を諦めさせて勝つ)をうまく織り交ぜる

自分のメンタルをコントロールする力

 

いろんなものが必要になってくるとても奥の深いゲームです。

 

 

ポーカーとの出会い

ポーカーは、もともと大好きな映画007の「カジノロワイヤル」をみてあこがれがありました。

ダニエルクレイグのボンドがポーカーで悪役から金を奪います。

 

f:id:peanuts_nanpa:20191215213155p:plain

 

あの、「オールイン」というセリフがなんともかっこよく、「いつかやってみたい!けど、ポーカーフェイスとかおれできなそうだし」とか思ったことがありました。

 

 

 

その後、メルボルンに旅行する機会がありました。

メルボルンには、南半球最大のクラウンカジノがあるとのこと!

 

「クラウンカジノ メルボルン」の画像検索結果"

 

「どうせ行くなら、生まれて初めてのカジノにいってみよう」

「カジノいくなら、ポーカー一択!」

 

そう思って、空港でポーカーの勉強開始!

 

「えっと、ハイカード⇒ワンペア⇒ツーペア⇒スリーカードで・・・」

と役を必死にまず覚えたり笑

無料のポーカーアプリで勉強。

 

youtubeで調べてみると、海外ではとんでもない賞金金額で大会が行われていました。ちょうど日本人が開設してくれている動画があって、見てみると、よくわからないけどなんか面白い!

 

youtu.be

 

賞金は億越え。。。

 

「なんだこれは・・・・」

 

今思うとこのあたりで僕はポーカーに魅せらせていたのでしょう笑

 

 

 

 

そして、カジノへ行きました。

カジノ自体初めてなので、めちゃくちゃ緊張。そもそもポーカーのルールすら怪しいし、テーブルでのマナーとかわからん笑

 一番掛け金の少ないテーブルで1万円くらいの掛け金もって参戦!

 

 

 

 

 

 

 

 

何もできず死亡、、、、、

 

 

ま、そうですよね笑

そんな感じでメルボルン旅行は終了 

 

 

 

日本で修業

 日本に帰って、あのぼろ負けしたポーカーをもっと勉強したい、という気持ちがどんどん強くなっていきました。

 

調べてみると、「アミューズメントカジノ」なるものがあるとのこと。

お金はかけれないけれど、カジノのゲームを遊べる場所がありました!

 

amusement-casino.com

 

アミューズメントカジノにいってみると、ポーカーができました。

ルールは全く一緒。

 

「ポーカーできるやん!」

「よし、修業したる!」

 

こうして、日本でポーカーが趣味な生活が始まりました!

 

ポーカーの大会に参加するように!

アミューズメントカジノに何度か行って、日本にもポーカートーナメントがいろいろな場所で開催されていることを知りました。

 

トーナメントとは、全員決まった点数でスタートして、最後の一人にすべてのチップが集まるまで勝負を続けていくゲームです。

 

例えば、スタート3万点で100人参加のトーナメントは、総合計300万点すべてがひとりに集まるまで戦います。

最低掛け金がどんどんあがっていくので、どこかで勝負しないと自然死してしまう過酷なゲームです。勝負どころの見極めが大切になってきます。

 

このトーナメントが、いたるところで毎日開催されていました。。

 

「めっちゃポーカーあるやん!」

 

と驚きがありました。

 

ちなみに、世界で一番有名かつ名誉のある大会が、WSOP(world series of poker)のメインイベントで、参加費100万円の大会に7000人~8000人エントリーし、優勝賞金が10億になります。この大会に出て優勝することは全ポーカープレイヤーの夢です!

 

www.japanesecasino.com

 ホセイン・エンサン優勝おめでとう!

 

 

 

 

 

日本でポーカートーナメントに出るようになってから、本を読んだり、周りの人に教えてもらいながら大会に定期的に出ていました。

 

そして半年くらいたつとだんだんと勝てるようになりました。

 

 

いくつかの大きめの大会で入賞したり、優勝25万円相当のポイントがかかった大会で優勝することができました。

 

大会に勝つと、現金はもらえませんが、海外のトーナメントに参加する費用を負担してもらえます。

 

 

ポーカーアジア大会に参戦 

 

その特典を使って、アジア大会に参戦してきました!

 

「とうとう海外のトーナメントまで参加するようになってしまったか笑」

 

という思いがありましたが、

 

「やってやるぞ!」

 

という久々の燃えるような感覚が湧き出てきました笑

 

 

 

僕が参加したのは、参加費約13万円。1100人参加したメインイベントでした。

 

賞金総額は1億以上、優勝賞金は約2000万くらいでした。

 

夢がありますよね!!

 

 

こういった大会は、掛け金がゆっくりゆっくり上がっていき、3日間かけて1100人から1人になるまで戦います。一日約10時間くらいポーカーやります笑

 

はい。超過酷なのです。

 

その間、集中力がなくなり雑なプレーをしてしまうとすぐにサヨナラになってしまいます。

 

 

僕の目標はとりあえず入賞。

 

 

入賞は1100人中、135人まで残ればOK。

 

 

上位13%くらい。。普通に考えて7~8回に1回くらいしか元が取れない感じです。

入賞した時点で、賞金は参加費の2倍ちょっともらえます。

 

 

そこからちょっとずつ賞金が上がっていき、最後の10人で100万円くらい、優勝で2000万円となります。

 

 

 

そう。とても過酷なのです。

 

 

 

 

スタートは3万点。

 

f:id:peanuts_nanpa:20191215230050j:image

 

「この3万点は、13万円で買ってるのか、、、」

 

とか考えてはだめです笑

いつもと同じように、自分の戦略に従ってプレーするのみ。

その時々で一番期待値が高くなるような選択を積み重ねていきます。

 

 

1日目が終了。3万点⇒6千点⇒13万点までふえました!笑(何度か死にかけています)

f:id:peanuts_nanpa:20191215230119j:image

 

 

10時間戦い抜き生き残ったのは約320人。

 

 

 

「まだまだやん!」

 

この時点で入賞までさらに1/3に残らないといけないのです。

 

とてつもなく過酷な戦いですが、2日目がスタート。

 

 

なかなか流れが悪く、全くチップが増えないまま、最低掛け金がどんどん上がっていきます。最低掛け金が上がると、当然一回一回の勝負が大きくなるので、自分の持ってるチップの変動が大きくなります。

 

とにかく生き残ることが大事なので、こういった場合なるべく勝負を避けるようにして、入賞に滑り込むことを目指します。

 

 

そして350人⇒250人⇒200人とどんどん減っていきます。

 

そして、最後の数人となります。

これを「バブル」といいます。

 

0円で買えるか、26万円をてにいれられるか。

 

この瞬間がある意味とても大事になります。

とにかく、チップ一枚でももっていればOK。

 

勝負はなるべくせず、誰かが脱落することを天に祈りながら、手札を捨て続けます笑。

(AJという手はかなり強いのですが、0.1秒で捨てたりしてました笑)

 

そして、最後の不運な方が飛びました!

 

 

「入賞や!!!!!!!!!!!!!!」

 

f:id:peanuts_nanpa:20191215230210j:image

 

 

ここまで、約15時間。

とても過酷でしたが、このサバイバル感がポーカーのいいところ。

張り詰める緊張感のなか、テーブルに座って戦い続ける。

とても楽しい奥の深いゲームなのです!

 

結局120位くらいで終了。

結果については大満足。だって上位10%くらいまでアジア大会で残ったのだから!!

 

30万円くらいになって、渡航費他すべて回収できました。

 

日本に帰ったその後

そんなこんなで日本に帰って、その後は時間の使い方について見直しました。

 

最初は稼げればいいな~と思ってましたが、

ポーカーで儲けることの難しさを痛感しました。

 

ポーカーはあくまで趣味なので、続けますがかける時間については大幅に削減することにしました。(それまでは、平日1,2回+週末のトーナメントに出るなどして、月に5~10回くらいやる+オンラインポーカーもやっていたので、、)

 

今は、ポーカーをやるのは月に1~3回にしています。

 

ポーカーはやっぱりギャンブルで、中毒性があります。ポーカーとの付き合い方は今後も大事になってくると思うので、うまく自分をコントロールして楽しんでいきたいと思います。

 

最後に

ポーカーはあらためて楽しいゲームです。

特に紹介したトーナメントは、スリルがあってとてもエキサイティングなゲームです。

 

一回一回は運ですが、長期的にみたら配られるハンドは平等。

強いときに勝つのは当たり前。弱いときに負けるのは当たり前。

間のハンドでどれだけ稼げるか。これで実力がでます。

 

 

いろんなことが起きます。

自分が2番目に強い手(KK)をもっていても、相手が一番の手(AA)をもってたら勝率は20%しかありません。

一番強い手(AA)も一番弱い手(27)に10%くらいの確率で負けます。

 

自分がかなり強くても、相手が自分より強いと思ったら諦めないといけません。(株の損切と一緒です。)

感情なんて石ころだと思って、正しい判断ができることが求められます。

 

また、忍耐力が必要です。

強いハンド、いいシチュエーションなんてめったに来ません。中途半端な手で勝負を繰り返していると、どんどん持ち点が減ります。「勝ちやすきに勝つ」が必要で勝負所までこらえることも時には必要になります。

 

 

 

などなど、いろいろな要素があって楽しいのです!

 

 

楽しいということを伝えたかったのです!

 

ここまで読んでいただいてありがとうございます!

ぜひ、一度やってみてください!

 

 

簡単な自己紹介と主要記事一覧

こんにちは。

ブログをご覧頂きありがとうございます。

今までの記事をまとめてみました。
よろしければ、少しでも見ていってください。

どうぞよろしくお願い致します。

—————————————

▪️自己紹介 (開始時に作成)
自己紹介 - ぴーなっつの投資日記
▪️運用成績
【運用損益0602】運用損益が+に!!! - ぴーなっつの投資日記
【運用損益0706】年間目標達成!? - ぴーなっつの投資日記
【運用成績0827】 - ぴーなっつの投資日記
純資産0円 - ぴーなっつの投資日記
【運用成績0929】 - ぴーなっつの投資日記
【運用成績1027】 - ぴーなっつの投資日記
【運用成績1201】 - ぴーなっつの投資日記
【運用成績1229】去年の結果と今年の抱負 - ぴーなっつの投資日記


▪️保有銘柄、銘柄分析
【保有銘柄】ティア① - ぴーなっつの投資日記
【保有銘柄】ヨシックス① - ぴーなっつの投資日記
ヨシックス売却〜3倍になったところで。 - ぴーなっつの投資日記
ヨシックスは売却済み
【保有銘柄】全国保証① - ぴーなっつの投資日記
【保有銘柄】ユニバーサル園芸社① - ぴーなっつの投資日記
【保有銘柄】セブン銀行 - ぴーなっつの投資日記
【保有銘柄】エイジア① - ぴーなっつの投資日記

▪️書籍紹介
【書籍】ジェフ・ベゾス 果てなき野望 - ぴーなっつの投資日記
【書籍】燃えよ剣 - ぴーなっつの投資日記
【書籍】バビロンの大富豪 - ぴーなっつの投資日記
【書籍】高収益企業のつくり方 - ぴーなっつの投資日記
【書籍】チューリップ・バブル - ぴーなっつの投資日記
【書籍】生涯投資家 - ぴーなっつの投資日記
【書籍】握る男 - ぴーなっつの投資日記
本田清六の人生 - ぴーなっつの投資日記
【書籍】ハゲタカ - ぴーなっつの投資日記

▪️その他
行動を変える - ぴーなっつの投資日記
メルカリでぬいぐるみが売れた! - ぴーなっつの投資日記
米国株はじめるよ - ぴーなっつの投資日記
腕時計投資家になる! - ぴーなっつの投資日記

東大卒プロゲーマー 論理は情熱にはかなわない

こんにちは。

先日、ときどさんの「東大卒プロゲーマー 論理は結局、情熱にはかなわない」を読みました。

この本は、東大卒のときどさんが紆余曲折を経て、プロゲーマーになるはなしが書かれています。

プロゲーマーとは、スポンサーからもらうスポンサー料と、賞金で稼ぐ職業です。




この本には、情熱の大切さが書かれています。上達の源泉となるのは、論理的に考えることよりも、自分を突き動かしてくれる情熱なのだと。

ときどさんにとってのそれはゲームで、幼少期から格闘ゲームをやり込んできたそうです。結局、それがプロゲーマーへの道を開いたのです。

この本の魅力的だなと感じるのは、ときどさんがゲームで学んだことを、受験や大学院での研究に生かしているところです。普通、ゲームは悪のようなものと考えてしまいがちですが、そうでもないということがわかりました。相手との対戦で戦略を組み立てる力、上達するための計画力、反射神経、相手の心理を読む力、運を味方にする力等々ゲームを上達するためには様々なことが必要とされます。自分のゲームに対する価値観が若干変わりました。

本に書かれていた、ときどさんがゲームから学んだことについて書いてみます。


ー没頭すること
なにかに熱中する感覚を大事にする。筆者はゲームへ没頭した時のような熱量で、受験や大学での研究に力を入れた。

ー細かい知識を大切にする
細かい知識の積み重ねが、後々の強さにつながっていく。ゲームではムックと呼ばれる説明書を徹底的に読み込むことが大切。そこで磨いた基礎が、後々の成長に役立つ。

ー偶然の発見を大事にする
たまたま上手くいくことがある。そこからの学びを大切にする。ゲームではたまたま新しい技の使い方とかが出てきたりする。それを見逃さないで、自分の技にする。

ー公式の理解から、相手の人間の理解へ
闘いの公式はあるが、公式をマスターするだけでは80点までしか到達できない。タスク処理能力だけでは人間には勝てない。人間と人間の闘いは、公式が通用するような典型的なものから逸脱していく。そこで大切になってくるのが、相手をどれだけ理解しているか。

ーライバルと切磋琢磨する
自分だけで成長しようという人は、仲間と一緒に切磋琢磨している人には勝てない。ゲームで強くなるためには、レベルの高い練習コミュニティが絶対に必要。仲間で知識を共有していった方が、結果的に強くなれる。


これらのことを、仕事、投資、ナンパ、最近始めた麻雀などに展開していければと考えています。



東大卒プロゲーマー (PHP新書)

男 矢沢永吉 「成り上がり」

矢沢永吉さんの「成り上がり」という本を読みました。もともと、ほとんど名前くらいしか知らなかった矢沢永吉ですが、本を読んでみて凄まじい人だなと実感できました。


この本は幼少期からロックスターになるまで、自伝の形式書かれています。独特な文章で、多少読みづらいですが、それこそ「矢沢永吉らしさ」であり、この本の味になっています。




幼少期。
とても貧しかったようです。何くその精神で、将来必ずビックになると、日々誓っていたようでした。見返してやると。

この感覚はなかなか普通の人は持てないでしょう。恵まれた家計に生まれた人はその環境に満足しており、何もそれをひっくり返そうなどと思わないと思います。

貧しい家計に生まれた人も、矢沢永吉のように反骨精神から、のし上がる人とそのまま朽ちてしまう人がいるようです。矢沢永吉はのしあがりました。
パッと思いつくのは、showroomの前田さん。幼少期に極貧生活があり、そこが原体験となり、現在はああなっていますよね。






広島で生まれた矢沢永吉は、両親が亡くなり、親戚をたらい回しにされながら幼少期を過ごしました。かなり厳しい対応をされたようでした。かなり嫌っていたようで関係は悪かったようです。

ロックスターを夢見て広島から飛び出し、上京するも、うまくいかない日々がありました。そこが人間臭くて。矢沢永吉もしっかり苦労したんだなと知れて良かったです。寄せ集めの下手くそなメンバーでなんとかバンドを組んで。なんとか演奏の舞台を見つけながら、少しずつ少しずつ上達していきます。少しずつメンバーもまともになっていく。







この本の中で一番印象的だった言葉を紹介します。



昔のバンドメンバーに対して思っていたこと。







「お前らとは夢が違う」






これに感銘を受けました。夢の大きさがその人の人生の大きさを決める。少なくとも、夢が大きくないとビックにはなれないでしょう。


そんなことを人生を持って示してくれている矢沢永吉が好きになりました!


とりとめのない文章になりましたが、紹介させていただきました!

情熱的に生きたいですね!まじで!


もっと投資に打ち込まねば!

山内一豊と妻と馬

先日、

「君の一番好きな戦国武将は誰か?」

という質問を受けました。考えたこともなかったので、即答できなかったのですが、あとから山内一豊かなと思いました。


司馬遼太郎の「功名が辻」で読んで、一代で土佐24万石の大大名まで成り上がった人生に、とてもときめきを感じたことを覚えています。

堅実な性格を持っており、常日頃は倹約に努めていたそうです。妻をとても大事にし、女遊びをすることもなく、周りの人からも、珍しがられていたようです。でも、ここぞの場面では、天運をかけた大博打を打つことができるのも山内一豊の魅力です。

有名な馬を買う話があります。
あるとき、名馬を育て上げた人が馬を売りにきました。誰が見ても名馬だとわかりました。山内一豊も感動して、いくらかと聞きました。すると、

「あなたはいくらだと思う?」

と聞き返されたので、山内一豊は「10両」と答えました。当時2-3両で家が建つくらいの物価だったので、まさに破格の値段をその馬につけました。馬売りの人は値付けに感動し、「ぜひあなたに売りたい」というふうに思ったのですが、当然そんなお金を持っていませんでした。

家に帰った一豊は妻の千代に、日中あった話をしました。すると、千代が10両持ってくるのです。嫁入りの時に、持たされていて、万が一の時に使えと親に持たされていたお金でした。

そのお金で馬を買い、一豊は「10両で馬を買った男」として、国内で有名になり出世のきっかけとなっていきました。





私がすごいなと思うのは、まず名馬の価値を見抜いた一豊です。値切ったりしようとするのではなく、真正面から高値をつけたのは素晴らしいと感じました。

また、妻も話を聞いて虎の子の10両を夫の見抜いた馬に全がけする胆力のようなものにも凄みを感じました。夫との絆を感じますね。


この買い物が成功であったのは、今こうやって語り継がれていることからも明らかではないでしょうか。









普段は倹約に努め、ここぞという時には大きなお金の使い方をするというのは、これからの人生意識していきたいところです。

株式投資でも、ここぞという銘柄、タイミングでは大きく張れるような胆力を持ちたいところです。

そして、今は一介のサラリーマンで、資産もない私ですが、いつか大きくなれるようにという願いも込めて今回書かせてもらいました。



アカギ 闇に降り立った天才

こんばんは!

最近、麻雀を始めました。きっかけは福本伸行さんにハマったからです。

カイジ銀と金、天といった漫画がとても面白くのめり込んでしまいました。

全てギャンブルの漫画で、主人公はいくつもの死線を越えていきます。

そんな中でも、「アカギ」がめちゃ面白い。


死をも恐れぬ天才雀士のアカギが、ワシズというまたバケモノのと生死と破滅をかけて戦います。


連載期間の20年ずっと戦ってるとのことです。なんとなんと。笑

この勝負は負けたら血を抜かれるというルール付きの麻雀で、常軌を逸した状況で麻雀が打たれます。

死を恐れず、リスクを背負って挑むアカギと、生にしがみつき、築き上げた巨富と運を頼りに勝負するワシズとの戦いが手に汗握ります。




僕もまだ、読んでいる途中で今20巻なのですが、名言だと思ったものを紹介します。きっと投資にも生きるはず!



「賭けでは、自分の読みを信じる器量がなければ勝ちきることはできない。
己を信じる力、魂が問われる」



いくら自分が正しい頭ではわかったつもりでも、その考えを信じてかけることができなければリターンを得ることができません。漫画の中ではアカギが死がちらつくような場面でも、自分の読みを信じて打っていきます。

株式投資でも、なんとなくわかりそうだと思っても、その株を買わなかったり、大きく張ることができなかったり、早めに売ってしまったりとミスが続く場合が多くあります。意識して、自分が払うべきところでは目一杯はりに行かないと、大きく勝つ事はできません。

だから、ポートフォリオ上位の株は目一杯晴れているのか、一方で春価値があるのかと言うことを厳しくといかけ、自分の魂をかけるような思いで身を投じなくてはいけないんだと思います。









「安心こそ毒。勝負を打つものの甘さとなる」


アカギは、抜かれた血を戻せる場面でも、あえて戻しませんでした。狙いはいろいろありましたが、一切自分の肌を緩めることを許さないと言う事も含まれていました。

一瞬の気の緩みで大敗を消してしまうこともあるかと思います。

投資では、ある程度含み益のある銘柄に対して、監視が甘くなってしまい、異変に気づくことができないということがあります。せっかく含み益がある状態があったのに、転じてマイナスになってしまうなどです。

それを防ぐため、常に安心せず、緊張感を持って戦っていかなくてはいけません。自分も手を抜いてしまう時がありますが、そういった事はなるべくないように気を張って資金運用していくことが必要だと思います。


本日はこの2つまで紹介させていただきます。
気が向いたら第二弾やります。



アカギ-闇に降り立った天才 1

【投資成績0601】

こんにちは。

 

久しぶりの更新です。

5月末までの投資成績は、以下です。

 

投資開始以来 +111万

年初来     -2万

 

現在、2018年が開始して、5カ月たちましたが未だにトントンの状況です。なんともパッとしなく、情けない展開です。一時年初来-20万以下になってしまったのですが、底からは幾分持ち直した状況です。

 

売買はあまりしていないのですが、最近TATERUという不動産×ITの会社を300株ほど買い、ポートフォリオ3位のポジションに置きました。1位がエイジア、2位がソフトバンクです。

 

TATERUは、昔インベスターズクラウドという名前だったのですが、その当時からは株価は倍くらいの水準になっており、買わなかったのを後悔していました。私が買ったタイミングでは、per33倍の水準でしたが、今後も高い成長率を維持できるのではないかと考え、投資に踏み切りました。今回の決算発表は好調でしたので、このまま成長してほしいです。

 

話は変わりますが、最近麻雀を覚えました。運と実力がものを言う世界は投資と通じるものがあると思います。カイジなどを書いている福本伸行さんが書いている「天」という漫画をkindleunlimitedで読んだことがきっかけで今めちゃくちゃはまっています。

 

麻雀はいい役を揃えるかと同時に、いかに他人に振り込まないかが大事です。危ないなと思ったら、勝負から降りることも大事で、そういった部分は株式投資の損切とも似ていると思います。勝負所で賭けにでることも大事ですが、勝負を降りることも勇気が必要であり、そこに実力や胆力が出ると思います。

 

投資で成功するにもおそらく勝負強さが必要で、ここ一番というときに勝負に出れるようにしておく必要があると思います。

 

そういった意味では、日々負けられない勝負を繰り返していくと自然と「勝負強さ」が備わってくるのではないでしょうか。

 

ということで麻雀をやることを正当化しています笑

 

投資成績面では、今年後半へ向けて巻き返せるように注意深く戦っていこうと思います。